フルマラソン挑戦記 -スタッフ田口 編-

昔から走ることは好きでしたがフルマラソンは初挑戦でした。体力には自信があったものの、さすがに20kmの練習走行くらいから左の腸腰筋が痛みだし、すかさず、矢島院長のアジャストで左に傾きがちな私の重心を正してもらい、左右の体重差も整えてもらいました。さらに、假屋トレーナーに左腸腰筋の筋膜リリース治療をしてもらいました。

その後は、定期的にこのアジャストとS Tを受け続けながら練習をしました。すると、20km以上の練習走行をしてもマラソン当日まで再度痛みが出ることはありませんでした。ここで改めて、当院のフル治療すごいなと素直に感動しました!!

また、フルマラソンへのモチベーションと足への負担を考えてマラソンシューズを新調することにしました。ランナー靴が豊富な専門店に行き、(日本で言う所の)でシューフィッターが足の形を3D撮影してくれて、そのデータをもとに私の足の特徴や癖を分析した上で、私に最もフィットする靴を選んでくれて、それを購入。初めてこの靴で走った時の感想は、まさに、靴一つでこんなに走るのが軽く楽になるのか!と驚きました。

そして、さらに、これを機にとスマートウォッチも購入。これで、走行距離や1マイルあたりのスピードなどの正確なトレーニング状況、また心拍数やカロリー消費量などの体の状態も把握できるようになり、当日までのトレーニング計画に大いに役立ちました。

こんな感じで準備期間からもフルマラソンへの挑戦を楽しんでいたな、と今改めて気づきました。

ただ、フルマラソンに初挑戦!ひたすら長距離トレーニング!!ではなく、工夫や合理的なトレーニングで楽しくモチベーションを上げていけたと思います。

マラソン当日はまさかの雨で、42℉という寒さの中でのレースで、決して良いコンディションではありませんでしたが、当院のフル治療のお陰で腸腰筋や股関節が痛むこともなく、無事完走することが出来ました!

このフルマラソンを走る前は、記念ランというか、人生で1回は挑戦してみたいことで、2度目はもうないかなと思っていたのですが、今は、今度はタイムに挑戦しながらもう1度フルマラソンを走ってみたい欲が出てきています・・・!

フルマラソンを走れる体力づくりはもちろん自己のトレーニング次第です。しかし、身体のメンテナンスにはプロの治療やセラピーが最も有効です。これはマラソンに限らず、どんな競技にも当てはまります。自己流メンテナンスで頑張るより、ぜひ、当院の身体メンテナンス≒治療で身体をいたわってあげてください。怪我の頻度や予防、パフォーマンス向上に必ず効果が出ます。初回コンサルテーションは無料です。日本語でお気軽にご相談ください。