健康作りはチームワーク

アトランタ 情報誌・アニス2020年6月発刊掲載コラム

段階的な自粛解除が始まり街に人が戻り出しました。初夏の陽気に誘われ人々の気分もなんとなく解放的になっている気がします。しかし、未だワクチンも特効薬もなく、何一つ問題は解決していない…まだまだ気を緩めず、院内の感染防止対策を徹底していかなければ、と改めて思う毎日です。

 私は常々患者さんに「治療は患者さんと私のチームワークです。私は、施術で背骨や関節の歪みを矯正し身体のバランスを整えます。患者さんには、出来る限り治療の成果が早く出るように、また、効果が長く続くように日々の生活の中で正した背骨と身体のバランスを保つ体幹と筋肉を鍛えて、姿勢や関節が歪まないように生活改善に努めてください。あくまで主役は患者さんで、私はサポーターです。」とお話しさせていただいています。

私が行っている上部頸椎テクニック(NUCCA・QSM3)の大きな特徴は、無痛施術と“背骨の歪みを正し姿勢を良くする”ことです。多くの他のカイロプラクティックテクニックでの施術は痛みや問題がある箇所だけへの治療のみで背骨や身体全体の歪みへの施術はあまりしません。しかし、これでは一時的な治療で根本的な治癒にはなりません。例えば、膝の痛みの原因が膝だけであることは滅多になく、だいたい腰や股関節・足首などにも原因があり、連鎖的に歪んだ結果、膝に痛みが出てくるようになります。

ある患者さんは、20年来のひどい偏頭痛の原因を突き詰めていったら、小学生の時の股関節の疲労骨折に辿り着いた、なんてこともありました。患者さん本人も忘れているような大昔の怪我でした。当時、適切な治療をされず、ただ痛みが引くのだけを待って、その後も日常生活や部活動に励んだ結果、数年後からひどい偏頭痛が頻発するようになりました。しかし、その時は偏頭痛と股関節の怪我が結びつくなんて、まさか本人も周りも思いもよらず、それから20年の間に週の半分は偏頭痛に悩まされ鎮痛剤もだんだん効かなくなっていったそうです。そんな状態で来院され、背骨は大きく歪み身体も複雑に捻れていました。鎮痛剤の服用過多で肝臓・腎臓も少し弱っていました。最初は一進一退だった治療を続けてもう8年になります。今では偏頭痛の頻度は月に1〜2度。それも、鎮痛剤の適切な服用で数時間で治るまでになりました。肝臓の数値も改善したそうです。ここまで改善するには、ストレッチや当院指導のエクササイズを日課とし、ヨガも始められました。まさしくチームワークの賜物です。

人間の身体の筋肉・筋膜・神経・関節は全て繋がって連動しています。ですから、痛みがある箇所だけを施術しても一時しのぎにしかならないのです。人間の身体の中軸である背骨の歪みを正すことで痛みの根本も治癒します。手前味噌で大変恐縮ですが、NUCCAとQSM3テクニックを勉強して10年余り、これまで施術しチームワークで治療に取り組んで下さった患者さんの9割は姿勢が改善されています。当院では、初診の施術前に必ず頸椎・背骨のレントゲン撮影を行い、施術後にも再度レントゲン撮影を行い施術前後の違いを確認していただいています。その後も半年・1年と、定期的に撮影で姿勢の状態を再確認し治療のモチベーションにしていただいています。身体のどこかに痛みが出て初診で来院される頃には、ほとんどの患者さんは背骨や関節は歪んでいることが多く、残念ながら悪い姿勢や傾きが身体に癖づいていて(マッスルメモリー)治療の初期は施術で矯正してもすぐに元の悪姿勢に戻ってしまいます。単発的な怪我であれば、もちろん施術だけで回復するケースも多くあります。しかし、根治治療・恒久対策、怪我や病気の予防という観点から考えた場合、「主役は患者さん」この意識がとても重要です。

あなたの健康は、あなた次第なのです。当院はカイロプラクティック施術で、あなたの健康を作るお手伝いをいたします。

 

健康を見つめ直す

アトランタ 情報誌・アニス2020年5月発刊掲載コラム

 

先月のコラム執筆時は、ちょうどアメリカにもコロナパニックの波が押し寄せ、ジョージア州でも学校が休校になるなど対策がとられ始めていた頃でした。あれから1ヶ月、まさかこれほどまでにひどい状況になるとは…毎日増え続ける感染者・死亡者数に溜息が出ます。4月末でシェルターライフが終わったとしても、すぐに収束に向かうわけでなく新型コロナ肺炎と人類の戦いは長期戦になるだろうと思い始めています。そう考えると、人間が自らの体をコロナウィルスに対抗するべく免疫力を上げ、より健康を目指す時期が来たと言えるのではないでしょうか。糖尿病や肥満・高血圧などの持病がある人、喫煙習慣がある人は新型コロナ肺炎で重症化しやすいと言うデーターが出ています。肥満や糖尿病、高血圧・喫煙は生活習慣で改善できる疾患です。今一度、自分の健康や生活習慣と向き合い考えてみましょう。健康な体へ体質改善するには最低でも3ヶ月はかかりますがコロナウィルスと長い戦いになるのであれば、今、体質改善に取り組み始めても遅くはありません。そこで皆さんに提案したいのが「健康へのDREAM」です。

Diet/食事:良質な食材・食事の摂取

加工食品を避けオーガニック食材の摂取を心がける。オーガニック食材とは、具体的には肉類は飼料にホルモン剤等を使用されていないもの、魚介類では養殖物ではなく天然物、野菜類は無農薬や低農薬栽培された物を指します。穀物類もオーガニックの小麦粉やオーガニックの小麦粉から作られたパスタやパンがあります。もちろん、全ての食材をオーガニックにすることは難しいと思いますが、選択肢がある場合にはなるべくオーガニック食材を心がけてみてください。特に生で皮ごと食べる野菜やフルーツは少し高価でもオーガニックをお勧めします。農薬は主に果皮部分に多く残留しやすいと言うデーターが出ています。また、米は白米より栄養価が高く繊維質が豊富な玄米をお勧めします。玄米の硬さや匂いが気になる場合は2〜3日に水に浸すと食べやすくなります。その際は冷蔵庫で保管し、日に2〜3回水を替えてください。そして、大事なことは、せっかく良い食材・食事を摂取しても良く噛んで食べなければ、しっかりと消化されません。もし、自分は消化機能が弱いと思っている方は今までより1.5倍良く噛んで食べるようにしてみてください。また、アルコールや市販のジュース、カフェインや糖分の過度な摂取は体にとって毒でしかありません。あまり摂り過ぎないように気をつけましょう。

Rest/睡眠:6〜8時間の睡眠

人間の体や脳は、睡眠時に成長ホルモンを分泌し、疲労回復、ストレス軽減、細胞組織の修復やメンテナンスを行なっています。そのためには健康な成人なら最低でも6〜8時間の睡眠時間は確保したいところです。また、様々な理由で夜6〜8時間の睡眠時間が確保できない場合には、昼間に15〜20分ほど眠ることで体と脳がリセットされますので、時間を作って仮眠をとってください。

Exercise/運動:1回30分以上の有酸素運動を週3回〜

適度な運動は体の免疫力を上げると共にストレスの発散にもなります。今はこんな時期なので、スポーツジムでの運動や施設系のアクティビティを楽しむことはできませんが、近所を散歩したり、家で長めのストレッチや筋トレ等できることはたくさんありますので頑張ってください。適度な運動は良質な睡眠にも繋がります。また、太陽の光を浴びることで、免疫力向上に効果のあるビタミンDが生成されます。多忙や事情で散歩や運動が難しい方はせめて1日10分日光浴をしてみてください。窓越しではいけません。直接日光を浴び両手を広げ体中で伸びをして太陽の光を感じてください。

Alignment/姿勢:良い姿勢での生活。定期的なメンテナンス

姿勢が悪いと神経や血流の流れが悪くなり不調の原因になり内臓にも負担がかかります。また、首や腰などの筋肉にもハリや痛みが出てきます。常に背骨を真っ直ぐにして良い姿勢を心がけてください。

Mental Stress/精神的ストレス:ストレスコントロール

今は非常事態です。世界中の人々が不安を感じています。コロナ鬱と言う言葉もあるくらいです。自粛が始まった早い段階でメンタルヘルスについてはメディアなどで話題になっています。先行きへの不安、経済的不安、子供の教育への不安、新型コロナ肺炎感染の不安。つきる事はありませんが、このような状況だからこそ、しっかり睡眠をとり適度な運動でストレスコントロールを心がけましょう。そして、自分なりのリラックス方法を見つけてください。五感で心地良いと思えることを取り入れましょう。美味しい食事、素敵な音楽、いい香り、文字や映像から離れ外の緑を視て、好きな物(事)に触れて愛めでてください。

コロナパニックは忌々しいながらも、私たちの今までの生活習慣や健康、時間の使い方など様々なことを見つめ直す機会にもなっていると思います。こんな時だからこそ、少しでも前向きに時間と環境を有効活用して乗り切りましょう。

 

 

免疫のお話し

アトランタ情報誌・アニス2020年4月号掲載のコラム記事です。

 

  2020年3月中旬、このコラムを執筆している現在は世界中でコロナパニックが起こっています。このコラムが皆さんに読まれる半月〜1ヶ月後には、騒動が収束に向かっていることを心より願うばかりです。

今回は渦中の新型コロナ肺炎にも関係する免疫についてのお話しです。免疫系(Immune System)とは、対外から侵入した細菌やウィルスから体を守ってくれている防御システムです。このシステムは非常に優秀で、外部からの侵入者(細菌やウィルス)を元々体内にあったもの(=自己)か、そうでないもの(=非自己)かを識別して、非自己と認識したら攻撃・殺滅して体を守ります。一般的にはこの免疫システムの強さを「免疫力」と呼んでいます。免疫システムは多数の細胞から成り立っています。その中でも侵入者を攻撃する主な細胞が白血球です。そして、この白血球の数値を高め、うまく機能させることが免疫力向上の鍵なのです。

私はいつも「健康へのDREAM」というものを心がけてもらうよう患者さんに指導しています。このDREAMこそが健康への道であり、免疫力向上への第一歩だからです。

Diet/食事 …量は腹八分目、質の良い食事の摂取。

Rest/睡眠 …6〜8時間の睡眠時間の確保。

Exercise/運動…適度な運動。週3回〜、1回30分以上の有酸素運動。

Alignment/姿勢…正しい姿勢。定期的なメンテナンス。

Mental stress/精神的ストレス…ストレスを解消(コントロール)し悩みをためない。

どれもわかりきった当たり前のことのように思えますが、これがどうしてなかなか難しい。そして、悩ましいのはこのDREAMを先週全て実行できたから今週はもう免疫力が向上した!とはならないところです。健康への道のりは簡単ではありません。体質改善には3ヶ月〜1年ほどかかります。免疫力向上も同じく日々の積み重ねです。では、免疫力向上に即効性のある方法はないのでしょうか?現在、巷はこれだけのコロナパニックです。できることなら免疫力を上げて防ぎたいところです。

実は、今すぐ免疫力を上げる方法があります。“JOY”楽しむことです。決してふざけているわけではありません。先日、免疫学の分野の一つである精神神経免疫学(Psychoneuroimmunology)の研究者セミナーに出席した際の講演で、ある研究でFunny Movieを観る前後の白血球の数値を比較したところ、観賞後は明らかに数値が上がったことが報告されたそうです。数値向上の即効法ということで、瞑想や睡眠でも試してみたが顕著な結果が出たのは“JOY”だけだったそうです。同様に、日本でも数年前に「大阪国際がんセンター」である研究結果が報告されています。漫才や落語を観賞したがん患者の1人は、免疫細胞の1つであるN K細胞の血中の割合が実験前の約1.3倍に増えたことが確認されています。鑑賞した患者全体でも免疫細胞の増加傾向がみられたそうです。

DREAMで免疫力を上げるのは基礎的ことで、加えて、何らかの方法で精神的ストレスを解消することも免疫力向上の大事な要素になります。それは、“JOY”や“FUN”であり、また、ストレスマネージメンで瞑想や自己啓発、日記を書くことで心の内を整理することも効果的だそうです。今は外出する機会が減り、ニュースでも不安な話題が多く、何かと暗くなりがちな日々ですが、一日一回笑いましょう!大笑いです!『笑う門には福来る』です!今日から新型コロナ肺炎の予防法は、うがい・手洗い・JOYです!

「免疫系」の画像検索結果

当院での新型コロナウィルスに対する方針について

2020年3月29日

世界を震撼させている新型コロナウィルスの波が、ついにここアメリカにも押しよせ、⽇々⽬が離せない状況となっております。アメリカの感染者数は10万⼈を超え、世界で最も感染者数の多い国となりました。今後は感染者の拡⼤及び、重症者の発⽣をできる限り防ぐことが重要となってきます。

当院としては院内での最⼤限の感染予防を⾏いながら、今後も通常どおり、治療を必要とされている患者様に診療を提供させて頂きたいと思っております。感染予防として以下のような⽅針で診療をおこないます。

  • 前後の予約間に時間の余裕を設け、患者様同⼠の接点を最⼩限にする。
  • 当院に到着されたら診療が始まるまで待合室ではなく、原則、⾞内待機にご協⼒いただき患者様同⼠の接点を最⼩限にする。
  • 院内に⼊られたらトイレにて⼿洗いをしていただくか、受付にあるハンドサニタイザーで⼿消毒を徹底し、院内へのウイルス侵⼊を防⽌する。
  • 診療後及び会計後にも⼿洗い、またはハンドサニタイザーでの再度の消毒をお願いし、患者様がご⾃宅にウイルスを持ち込むのを防ぐ。
  • 患者様ごとに診療に使⽤した機器の消毒を⾏う。
  • 1 時間ごとに換気を⾏い院内のウイルス量を下げる。
  • 患者様がよく触れられる箇所を中⼼に除菌を⾏う。

以上のことを徹底して⾏い、スタッフ⼀同全⼒で診療に当たらせていただきます。

ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご理解ご協⼒のほどよろしくお願い致します。

院⻑ ⽮島 敬朗

秋のサプリキャンペーン!

毎年大好評!秋の消化酵素サプリメントキャンペーンのお知らせです。

ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマス。

ホリデーシーズンのこの時期はどうしても食べ過ぎ気味…という方も多いのでは?

そんな方にぜひ試してほしいのが消化酵素(エンザイム)サプリメントです。

あなたの体質にあったエンザイムサプリメントでホリデーシーズンも怖くない!

メンテナンス患者さんには調整時に無料で簡易診断いたします。

簡易診断のみ希望の方は$30(所要時間20分)です。

この機会にぜひご利用ください。

秋pop2019

 

JAPAN FEST 2019

先週末(9/21・22)に開催されたジャパンフェスト2019に参加してきました!

今年も当オフィスは姿勢チェックのブースを出店しました。

今年はなんと!土曜日・日曜日合わせて230人もの方が姿勢チェックをしにきてくれました。

やはり、皆さん、ご自分の姿勢は気になりますよね〜

ご来場の皆さんありがとうございました!来年もまたジャパンフェスト でお待ちしています!!

 

ドクター達による姿勢チェックとアドバイス

b1YJiIk9TV2ZGViowvjjnQ

J2ODzAmZTdaT1vkz+yxb%w

皆さん、真剣にアドバイスを受けられていますね〜

 

TK+s+N2%SYupvWvsxgXdDg

aqCAAXq7RYqEQpEk3ddjCw

wk6bvrc3SGOCApJmOCsiFg

XfeNHixwSF+EoJq5gx1ZdQ

 

 

第6回体操教室・続

先週8/24土曜日に開催された体操教室での様子です。

当日は今までで最多の約50人の方にお集まりいただきました!

参加者の皆さんと良い姿勢や呼吸の大切さを共有することができました。

SWETXY FEITNESS・代表インストラクターのベントリー葵さんにも

モデル&エクササイズ指導をしていただきました。

まさしくアンチエイジングを体現されています!

 

良い姿勢の練習

FVnAzMgcT3CXzBkmn9jqUg

Dr.井上の筋力トレーニング&筋膜リリース指導

wOW0+Wl7SwOIXodC374Xtg q2KnfsCpQqqFDNcDeBVtwA

ベントリー葵さんオススメ!美尻エクササイズ!!

I7DKKNgxSGyw9wJTfxtMcQ

皆さん、お疲れさまでした!!

2019-08-27 17.44のイメージ

良い睡眠・良い食事・良い姿勢、そして適度な運動を毎日心がけて、目指せ!健康長寿!!

 

 

 第6回健康体操教室

 日時:8月24日(土)9:15~ ジョージア日本語学校第一体育館
 講師 :アトランタカイロプラクティック院長 矢島敬朗先生、井上大輔先生
    Swetxy Group Fitness   ベントリー葵先生
   テーマ: 腰痛予防とアンチエイジング 〜 美しい体のつくり方〜
  1、なぜ私たちの身体は老化するのでしょう(老化防止のクサビとなるもの)
・老化の弊害と腰痛のリスク
・その進行の速度を緩めるには?(食事、睡眠、運動、ストレスの解消法)
  2、本気でやればパーフェクトエクササイズです!ラジオ体操!!
・どんな効果が期待できるのでしょう?
・知っていました?毎日やっている立ち上がり運動で体幹を作れるんです!!
    3、腹式呼吸をマスターしてよい姿勢を保ちましょう・・・腰痛予防に絶大な効果あり
・過度に緊張している身体をほぐしましょう。
・身体を安定させるための骨盤傾斜って何?
    4、腰痛予防のためのストレッチとエクササイズ・・・過度に緊張した筋肉を緩めましょう
・腰を安定させるエクササイズ
・プロが教える筋膜ストレッチの方法
・器具を使って筋膜リリース!(フォームローラ、セラガン)
 5、参加者だけがゲットできる美尻を作る方法!・・・上向きxプリッ‼ 美尻エクササイズ
・フォワードランジ、ヒップブリッジ、ドンキーキック、サイドキック
*当日は運動しやすい服装。床に敷くマットまたはバスタオル,そして、お持ちの方はフォームローラ(ストレッチポール)もご持参ください。         

AXIS6月号掲載コラム

交通事故

  車社会のアメリカ。特にここアトランタ界隈は全米でも屈指の渋滞多発地域で交通事故も頻発しています。一説によるとジョージア州内の1日の交通事故発生件数は、なんと平均約1700件⁉︎とんでもない事故件数の多さです。その大半は死亡事故や重傷者事故ではなく、搭乗者は軽傷や無傷が多いそうです。しかし、事故直後に目立った症状がなくても、後々、出てくるのがムチウチです。このムチウチ症状、放っておくと大変なことになるかもしれません。

 交通事故などで身体に瞬間的に急激な力が加わると、身体は前後に大きく揺すられることで、重い頭部を残したまま上半身が大きく前方に押し出されるような状態になります。ちょうど首から下だけが弓なりに前に出てしまうような形です。その時の首への負荷で頚椎捻挫や、ひどい場合は頚椎骨折や脱臼になり、脊髄や神経を痛めて四肢に運動障害が残ったり、寝たきりになってしまうこともあります。無防備な状態の身体(特に首)に強い力が加わるということは、とても危険なのです。骨折や脊髄損傷・神経根損傷の場合には、緊急病院で等での処置が必要になりますが、頚椎捻挫…いわゆるムチウチの場合はカイロプラクティックでの治療が効果的です。

ムチウチというのは、首の筋肉や靭帯・関節などを痛め、首や肩・背中に痛みが出る症状のことを云います。そして、事故後に痛みがあるということは、筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷し炎症を起こしています。この軟部組織の炎症が回復するまでには4週間から12週間を要します。筋肉や靭帯などの軟部組織は、頚椎・背骨の骨についているので、頸椎や背骨が歪んでしまうと不自然に引っぱられて張りや凝り、痛みを感じる原因になります。なので、ムチウチの後遺症を残さないためにも、軟部組織の炎症の回復期と同時に頸椎や背骨の歪みを正すことも重要なのです。頸椎や背骨が歪んだままでは、筋肉や靭帯の炎症が治っても不自然に引っ張られてしまうことで痛みが再発したり、少しの衝撃で損傷を再び起こす可能性があるのです。

人間の身体は車と違って、壊れたからといって部品(骨や筋肉)を新品に交換することはできません。しかし、早期の適切な治療で新品の状態は無理でも、限りなく新品に、完璧に近い状態に戻す(治癒)ことができます。下記は交通事故がきっかけで来院された患者さんの体験談です。

 交通事故に遭ってしまったのを機に、矢島先生にお世話になることになりました。事故の影響で、全身がガチガチにかたまり、足腰の痛みで歩くのも寝そべるのも困難でしたが、初診のときから次々にアドバイスをいただき、はじめの数回でずいぶんと楽になりました。もともと姿勢が悪かったこともあり、先生には沢山のアドバイスをいただきました。腹式呼吸、正しい姿勢のとりかた、歩き方、私の症状に合わせたストレッチの方法などなど。ちょっとしたスキマ時間にできるストレッチなので、色々とサボりがちな私でも少しずつ取り入れていくことができました。「カイロプラクティック」について知識がなかった私ですが、診ていただいたあとは全身がスッキリとして自然と背筋がのび、とてもリラックスできました。「姿勢を良く、正しく」と言われるとついピーン!と身体を張ってしまいがちでしたが、キチンとした姿勢をとることで身体はむしろ楽になることを知りました。最後にレントゲンを撮ったときは、診察前とこんなにも変わるのかと本当に驚きました。症状が良くなるたびに、先生やスタッフの皆さ んが、まるで自分のことのように喜んでくださり、通っていて前向きな気持ちになることができました。今後もいただいたアドバイスを参考に、正しい姿勢を心がけ、元気に過ごしていきたいと思います。

  ムチウチは早期の治療が効果的ですが、時間が経ってしまった後遺症でも、多少時間はかかりますが治療の効果は必ず出ます。ムチウチの症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

初回来院時撮影 →      3ヶ月後
レントゲン写真